彼氏のお悩み

彼氏が喧嘩後よそよそしいときの対処法は?喧嘩後に避けられる男性心理

彼氏が喧嘩後よそよそしいときの対処法は?喧嘩後に避けられる男性心理

 

「彼氏と喧嘩をした後、よそよそしい気がする…彼は一体どういう気持ちなの?」

 

恋人と付き合っていく中で、喧嘩はどうしても避けては通れない道です。

そんな喧嘩をしてしまった後、彼の態度がよそよそしくなったら気になってしまいますよね。

 

でも、相手がどんな状態になっているのかを冷静に考えれば、喧嘩後のよそよそしい関係もちゃんと解決できますよ。

 

今回は、彼氏が喧嘩後によそよそしいときの対処法についてご紹介していきます。

喧嘩後に避けられる男性心理とは?

喧嘩したあとぎこちない彼と仲直りする方法は?

 

また、彼氏が喧嘩後によそよそしい時にやってはいけない事もお話ししていきますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

彼氏が喧嘩後よそよそしいのはなぜ?ぎこちない喧嘩後の男性心理は?

彼氏が喧嘩後よそよそしいときの対処法は?喧嘩後に避けられる男性心理

 

彼氏が喧嘩後よそよそしいとき、彼はどんな気持ちなんでしょうか?

喧嘩後にぎこちない男性心理は、主にこのようなものがあります。

  • 自分の気持ちを整理している可能性が高い
  • いつも通りに戻るタイミングがわからない可能性も?
  • 彼女から声をかけてほしいと考えていることも

 

喧嘩後の男性心理が分かれば、彼と以前のような関係に戻ることも簡単にできるかもしれません。

なので、まずは喧嘩後に彼がどんな気持ちでいるのかを理解することをおすすめします。

 

ここでは、喧嘩後によそよそしい彼氏の男性心理について、詳しくお話ししていきます。

 

自分の気持ちを整理している可能性が高い

 

彼は喧嘩をした後、気持ちを落ち着けて自分の気持ちを整理しているのかもしれません。

喧嘩中は勢いに流され、思わず思ってもいない言葉や行動をしてしまうことがありますよね。

 

彼自身なぜそんな事をしてしまったのか、反省している可能性があります。

でもそれは、彼の中で自分の気持ちと向き合っている時間なのです。

 

頭が冷静になっていない時は、心にもないことを口に出したりしますが、逆に普段から感じていたことを言葉にする場合も。

 

彼はそんな自分に対して、自問自答しているのかもしれません。

 

「なんであんな事を言ってしまったんだろう」

「なんであんな態度を取ってしまったんだろう」

「彼女を傷つけてしまった」

「男としてカッコ悪いよな」

 

自分の感情を省みる時間は、彼自身の整理の為に必要な時間でしょう。

この場合は、彼の中で整理がつくまで放っておく方がいいかもしれませんね。

 

あなたはそんな彼を責めたりしないで、できるだけいつもと変わらずに接することをおすすめします。

 

いつも通りに接するタイミングがわからないことも

彼氏が喧嘩後よそよそしいときの対処法は?喧嘩後に避けられる男性心理

 

喧嘩の後、男性はいつも通りに接したいのにタイミングがわからなくなることがあります。

よそよそしくなるのは、普段通りのことをしたいのに相手のことを意識しすぎてできなくなっている状態ですよね。

 

なので、彼はあなたがまだ自分を許していないと思っている可能性もあります。

喧嘩したことで、あなたの気持ちが分からなくなったのかもしれません。

 

この場合、彼はあなたがどういう気持ちなのかが気になり、よそよそしい態度を取っているのでしょう。

 

ただ、いつも通りに接したいと思っているのなら、彼の気持ちがあなたから冷めたわけではなさそうです。

 

彼女から声をかけてほしいと考えている可能性も

 

喧嘩後、彼は彼女の方から声をかけて欲しいと考えている可能性もあります。

 

喧嘩はつい感情的になってしまうものです。

なのでカッコ悪い姿を相手にみせてしまうこともありますよね。

 

彼も普段は見せない部分を出してしまい、「あんな姿を見せてしまって恥ずかしい」と後悔しているのかもしれません。

その場合、あなたから声をかけて欲しいと思っているのかも。

 

自分では声をかけづらくなってしまい、彼女から何か言ってくれることを期待して待っているのでしょう。

 

男性はプライドが高いため、喧嘩でカッコ悪い姿をさらした自分を恥ずかしく思いがちです。

 

もしあなたの彼が特にプライドが高いタイプなら、あなたから歩み寄ってあげてください。

あなたの優しい態度で、彼の様子が変わることもありますよ。

 

また、彼と喧嘩したあと彼から連絡がこないと悩んでいる方は、こちらの対処法をおすすめします。

 

喧嘩したあとはお互いセンシティブになっているため、いつもとは違う対応が必要ですよね。

連絡してこない彼の心理を理解することで、彼の気持ちに寄り添って正しい対応をすることができますよ。

 

こちらの記事で、喧嘩したあとに連絡がこない彼との仲直りの方法についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

彼氏と喧嘩したあと連絡がこない理由は?連絡しない彼の心理と対処法

 

喧嘩後に避けられる!喧嘩したあとぎこちない彼と仲直りする方法は?

彼氏が喧嘩後よそよそしいときの対処法は?喧嘩後に避けられる男性心理

 

喧嘩したあとぎこちない彼と仲直りする方法については、こちらをおすすめします。

  • 彼氏に声をかけてもらおうと考えず自分から謝る
  • 会えたら明るく接し、スキンシップを増やす
  • 彼氏の話をよく聞き、否定せずに受け入れる

 

彼氏と喧嘩したあと、ぎこちない関係のままではなくちゃんと仲直りをしたいですよね。

このまま何もしないと気まずい状態で過ごすことになり、最悪の場合、別れることにもなりかねません。

 

ここでは、喧嘩したあとぎこちない彼と仲直りする方法について、詳しくお話ししていきます。

前向きに試してみて、彼との関係を取り戻していきましょう!

 

彼氏に声をかけてもらおうと考えず自分から謝る

 

喧嘩した後は彼からの言葉を待つのではなく、自分から謝ることも大切です。

 

喧嘩をしてしまった後は、自分も悪かったと思っても素直に謝りにくいものですよね。

もしあなたがそう思っているのなら、きっと彼も同じような思いを抱えているのかもしれません。

 

でも、お互いに「できれば相手の方から謝ってもらいたい」と思っていたら、関係はよくならず、平行線のままとなってしまいます。

 

お互いの言葉を待っていたら解決せずに時間だけが過ぎていくでしょう。

喧嘩は、長引かせれば長引かせるほど仲直りが難しくなってしまい、言うタイミングを逃してしまうことが多いのです。

 

だからこそ、あなたから歩み寄って謝ることが大切なのです。

あなたが歩み寄れば、きっと彼も心を開いてくれますよ。

 

二人の関係を早く取り戻したいときは、自分から謝ることで前よりもいい関係になることもあります。

 

会えたら明るく接し、スキンシップを増やす

彼氏が喧嘩後よそよそしいときの対処法は?喧嘩後に避けられる男性心理

 

彼と喧嘩した後に会えた場合、あえて明るく接してスキンシップを増やしましょう。

いつまでも暗く気まずい空気でいると、せっかくの仲直りのチャンスも逃してしまいますよね。

 

彼と会える時間は笑顔を多めに意識しましょう。

できるだけ明るく振る舞って和やかな雰囲気を作れば、仲直りもしやすくなりますよ。

 

さらにあなたから軽いスキンシップを交えて接すれば、彼も「あ、怒ってないんだ」と安心してくれます。

 

男性は、喧嘩した後に彼女が怒っているかもと思うと遠慮がちになるものです。

なので、あなたから行動すれば彼も嬉しいはずですし、空気もほぐれお互い素直に言葉をかわせるようになります。

 

とはいえ、喧嘩した後にいきなり明るく会話を始めることが難しい人もいますよね。

その場合、まずはこのように普通の挨拶から明るく言ってみると良いでしょう。

 

「おはよう。今朝は晴れて良かったね」

「今日も一日お疲れ様。ごはん何食べる?」

 

気まずい時でも、ちょっとした一言から関係がほぐれることもあります。

あなたの明るさで彼をホッとさせてあげましょう。

 

彼氏の話をよく聞き、否定せずに受け入れる

 

喧嘩の後、気まずいとしても彼氏の話をちゃんと聞いて、否定せずに受け入れましょう。

 

もしかしたら彼の言い分を受け入れづらい状況かもしれません。

でも、彼とこのまま付き合っていくのなら、彼の言う事は最後までしっかりと聞く姿勢を見せるべきです。

 

喧嘩中は、あなたも強い感情が生まれているので相手の言葉を遮ったり、話を否定してしまいがちですよね。

でも、そうすると余計コミュニケーションが取れず、仲直りから遠ざかってしまうかもしれません。

 

だからこそ、むしろ喧嘩した後だからこそ、彼の話を聞く姿勢を見せる方がいいのです。

彼と向き合う姿勢を見せることで、あなたの気持ちをこのようにアピールできます。

 

「私は別れるつもりはない」

「あなたとこのまま一緒にいるつもり」

「喧嘩したけど、いい関係になりたいと思っている」

 

あなたからこのような気持ちを感じたら、彼も安心できるはず。

相手の話をよく聞いて受け入れることで、お互いが納得する話し合いができるでしょう。

 

また、彼氏と仲直りしたつもりでも、なぜが気まずいままのことがありますよね。

そんな時は、お互いの気持ちにしこりが残っている状態です。

 

そのまま放っておいたら、彼との関係が終わってしまう可能性もあります。

なので、なるべく早く対応をして彼との関係を修復しましょう!

 

こちらでは、彼との仲直りの方法について、彼の心理を取り上げながら詳しくまとめてみました。

仲直りしたけどまだ気まずい場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

彼氏と喧嘩して仲直りしたけど気まずい!彼の心理と対処法とは?

 

彼氏が喧嘩後によそよそしい時にやってはいけない事は?責めたらダメ

彼氏が喧嘩後よそよそしいときの対処法は?喧嘩後に避けられる男性心理

 

彼氏が喧嘩後によそよそしい時、やってはいけない事があります。

それがこちらです。

  • 彼氏の態度をヒステリックに責めるのはNG
  • 「もう別れる!」と言ったら本当に別れてしまう可能性も
  • 悪態をついたり彼からの連絡を無視するのもダメ!

 

このように、喧嘩後のそっけない彼氏にやってはいけないNG行動がいくつかあります。

相手を責めることは、仲直りをしたい人にとって逆効果なんです。

 

ここでは、「彼との関係を修復したいならぜひ避けるべき」NG行動をご紹介していきます!

 

彼氏の態度をヒステリックに責めるのはNG

 

いくら彼氏の態度が気に入らなくても、ヒステリックに責めるのは絶対にNGです。

 

人はヒステリックに責められると、自分を守ろうとしますよね。

相手の言葉に耳を貸さず無意識に遮ってしまい、そうなると相手に対して嫌悪感をもってしまうのです。

 

喧嘩した後に大切なのは、お互いの言葉を受け止め合うようなコミュニケーションです。

相手の言う事をしっかりと聞いたうえで、落ち着いて自分の意見を話しましょう。

 

彼を責めて委縮させたり、ふてくされたりしたら健全な話し合いはできないのです。

 

「もう別れる!」と言ったら本当に別れてしまう可能性も

 

喧嘩の勢いに任せて「もう別れる!」と言ってしまうのはやめましょう。

この言葉のせいで、本来なら仲直りができたはずの二人も本当に別れてしまう可能性があります。

 

「もう別れる!」と言って、彼から引き留めてもらうことを期待しているかもしれませんが、それは良い方法ではありません。

 

なぜなら売り言葉に買い言葉となり、彼に「わかった、別れよう」と言われてしまうからです。

仲直りの大切な手順としては、よくないことですよね。

 

相手とのコミュニケーションを否定してしまうと、何も解決できないまま亀裂が入ってしまいます。

 

また、男性は感情的になった女性が苦手なため、話し合いができない女性を避ける傾向があります。

 

なのですぐに別れを切り出すと「きちんと話し合いができない人」と受け取られてしまいかねません。

冷められるきっかけになってしまうこともあります。

 

悪態をついたり彼からの連絡を無視するのもダメ!

 

彼に対して悪態をついたり、向こうから来る連絡を無視することも良くありません。

悪態をつかれると相手の気持ちもさらにイラ立たせてしまいます。

 

そんな状況では、仲直りなんてできるわけありませんよね。

 

特に喧嘩のあとはお互い普段よりも敏感になっているので、いつも以上に言葉を選んで相手の気持ちに寄り添った行動を心がけましょう。

 

また、彼からの連絡を無視することもやめましょう。

相手の気持ちを傷つけ、踏みにじることになります。

 

一時的な感情で行動したことが、彼を大きく傷つけたり不快にしていることもあります。

喧嘩した後だからこそもっと冷静さを意識し、一度落ち着いて考えてから行動しましょう。

 

彼と喧嘩したり、喧嘩した後に上手くいかないと「もうダメかも」と不安になりますよね。

でも、そんな時こそ頑張って乗り越えましょう!

 

彼と長く付き合っていきたいのなら、この危機を乗り越えることで二人の絆はもっと深まるはずです

こちらの記事では、「別れの危機を乗り越えたカップル」についてその乗り越え方を詳しくご紹介しています。

 

彼との仲を深めるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

別れの危機を乗り越えたカップルの乗り越え方とは?絆を深める方法!

 

まとめ

彼氏が喧嘩後よそよそしいときの対処法は?喧嘩後に避けられる男性心理

 

彼氏が喧嘩後によそよそしい態度になるのには、彼なりにいくつか理由があります。

それらを汲み取り、落ち着いて穏やかにコミュニケーションを取りながら仲直りすることが大切です。

 

あなたの態度によってスムーズに関係が修復できることもありますよ。

二人で喧嘩を乗り越えて、今までよりステップアップした関係性を目指しましょう!

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.