彼氏のお悩み

付き合って3ヶ月の男性心理とは?倦怠期を乗り越え長続きさせるコツ

付き合って3ヶ月の男性心理とは?倦怠期を乗り越え長続きさせるコツ

 

「付き合って3ヶ月の男性はどんな気持ちなの?倦怠期になったらどうすればいい?」

 

多くのカップルが付き合って3ヶ月で倦怠期を迎えると言われているので、その時期の男性の気持ちが気になるのも当然のことでしょう。

 

  • 付き合って3ヶ月の男性心理って?
  • 3ヶ月目の倦怠期はどうすれば乗り越えられるの?
  • 3ヶ月目にやらない方がいい別れに繋がる行動は?

 

など、気になることがたくさんあるはず。

そこで今回は、付き合って3ヶ月の男性心理をご紹介していきます。

 

3ヶ月目の倦怠期を乗り越えて長続きさせるコツ、やらない方がいいことについてもお話ししていきますので、ぜひチェックしてみてください!

 

付き合って3ヶ月の男性心理は?3ヶ月は恋愛における最初の山場!

付き合って3ヶ月の男性心理とは?倦怠期を乗り越え長続きさせるコツ

 

付き合って3ヶ月の男性心理には、このようなことがあります。

  • 3ヶ月は恋のドキドキが薄れる最初の山場
  • 安心し始める女性に対し、男性はマンネリ化を感じる
  • 男性は3ヶ月目あたりから自分の時間が欲しくなる
  • 体の関係がまだならそろそろエッチがしたいと考えている

 

3ヶ月は恋愛における最初の山場であり、この山場を乗り越えられればより強い信頼関係が生まれ、長続きする確率がグンッと高くなるんです。

 

でも残念ながら、最初の山場を乗り越えられず別れてしまうカップルも。

大好きな彼と長続きさせるためには、自分の気持ちだけを一方的に押し付けるのではなく、男性心理を理解することがとても大切です。

 

ここでは、付き合って3ヶ月の男性心理についてご紹介していきます。

ぜひ彼の気持ちを知るためにも参考にしてみてください!

 

3ヶ月は恋のドキドキが薄れる最初の山場

 

付き合いたての頃は何をしても楽しく、些細なことにもドキドキして、「こんな生活がずっと続けばいいな」と誰もが思っていますよね。

でも、そのドキドキは時間と共に薄れていってしまいます。

 

そう、3ヶ月目は少しずつ一緒にいることにも慣れてきて、恋のドキドキや新鮮さが少しずつ薄れてきてしまう時期なんです。

 

ドキドキが薄れてきてしまうのは仕方がないことでしょう。

大切なのは、あえてポジティブに考えていくことです。

 

ドキドキが薄れてきた時に「冷めてきたのかも」とマイナスではなく、「安定してきた証拠!」とプラスに捉えてみましょう。

そして、彼の気持ちも考えながら上手く接していくのもポイントです。

 

安心し始める女性に対し、男性はマンネリ化を感じる

付き合って3ヶ月の男性心理とは?倦怠期を乗り越え長続きさせるコツ

 

そもそも女性心理と男性心理は全く別物なんです。

3ヶ月目の女性はドキドキしなくなった代わりに居心地の良さを感じるものですが、男性はマンネリ化を感じてしまうことが多いから。

 

この時点で2人の間に温度差ができていると言えるでしょう。

でも、乗り越えられる方法はちゃんとあります!

 

だから「もう振られちゃうのかも」なんて、ネガティブになって自分を責めなくて大丈夫です。

ただ、マンネリを感じている彼の気持ちを揺さぶることは必要ですよね。

 

なので、彼との付き合いに慣れたときこそ、自分を磨いていきましょう!

外見も内面も、あなたが前向きに自分を成長させることを楽しんでいれば、あなたの魅力は高まっていくはず。

 

いつまでも彼を飽きさせない女を目指してくださいね!

 

男性は3ヶ月目あたりから自分の時間が欲しくなる

 

男性は3ヶ月目あたりから彼女との時間以外に、自分の時間が欲しくなる傾向があります。

これは、決して彼女に対して冷めたわけではありません。

 

そもそも男性は自分の時間を大切にしたい気持ちが強いので、その欲が出てきてしまうんです。

その結果、連絡やデートの頻度が減ることもあります。

 

ただ、カップルだからといって常に一緒に行動していると、当然、飽きることはありますよね。

なので、たまには別々で過ごす時間を設けるのは、2人にとって良いことです。

 

何より、自分の時間をそれぞれ持っている方が付き合いが安定するし、信頼関係が生まれて長続きします。

お互いの時間を大事にして、彼の負担にならないようにしていきましょう。

 

体の関係がまだならそろそろエッチがしたいと考えている

 

もし付き合って3ヶ月たってもまだ体の関係を持っていないなら、彼はもうそろそろエッチがしたいと考えている可能性が高いです。

 

デートをしていると、そういう雰囲気になることも増えていくでしょう。

もちろん、あなたがまだ心の準備ができていないなら、無理にする必要はありません。

 

でもあまりにも待たせすぎると、彼が冷めてしまう可能性もあります。

彼を信じて一歩進んでみれば、お互いに対する愛情がより深まるはずです。

 

3ヶ月目の倦怠期を乗り越えて恋愛を長続きさせるコツは?

付き合って3ヶ月の男性心理とは?倦怠期を乗り越え長続きさせるコツ

 

3ヶ月目の倦怠期を乗り越え、恋愛を長続きさせるコツがあります。

  • お互いに自分の時間を持つよう心掛ける
  • 2人で話し合って連絡の頻度などのルール作りをする
  • 言葉が足りなくなってくる時期!挨拶や「好き」は言葉で

 

3ヶ月目の倦怠期を乗り越えられないカップルもいるので、倦怠期に対して悪いイメージを持っている人が多いはずです。

 

でも乗り越えられれば、彼とより深い関係になれるのも事実です。

 

ここからは、3ヶ月目の倦怠期を乗り越えて恋愛を長続きさせるコツをご紹介していきます。

参考にして頂き、3ヶ月目の倦怠期を乗り越えていきましょう!

 

お互いに自分の時間を持つよう心掛ける

 

先ほどもお話した通り、3ヶ月目になると男性は自分の時間が欲しくなる傾向があります。

そんな時に「私と一緒にいたくないってこと?」「私よりも自分の時間の方が大事なの?」なんて彼を問い詰めてはダメ。

 

むしろあなたも自分の時間を大事にして、一緒にいない時間を持つようにしましょう。

寂しいと思うかもしれませんが、その方が2人の関係が深まるんです。

 

彼は彼で趣味に没頭したり男友達と遊び、あなたはあなたで美容室やネイルに行ったり、友達とランチをして楽しく過ごせば良いだけです。

 

離れている時間があるからこそ、一緒に過ごす時間を大切にできます。

「会いたい」と思って会う方が、盛り上がりますよね。

 

彼に依存したり彼中心の生活にならないよう、彼がいなくても楽しめる趣味などをぜひ見つけてみてください!

 

2人で話し合って連絡の頻度などのルール作りをする

付き合って3ヶ月の男性心理とは?倦怠期を乗り越え長続きさせるコツ

 

たとえばマンネリ化しそうだと思ったら、2人のルールを作っておくこともおすすめです。

縛られているような気になるかもしれませんが、プラスに考えてみてください。

 

ルールがあれば「どうしてこうしてくれないの!」という喧嘩になるのを防ぐことができるんです。

 

例えば、連絡の頻度や会う頻度など。

  • 「おはよう」と「おやすみ」のLINEだけはする
  • 忙しくても1日に1回はLINEをする
  • 3日既読スルーをしたら催促のLINEを送ってもOK
  • 会えない時は理由を正直に言う。嘘をつかない

 

など2人だけのルールを作っておけば、揉め事が少なくなりますよ。

 

その時にがんじがらめのルールにすると、男性は束縛を感じて息苦しくなることがあります。

なので、お互いの気持ちを確認しながら、決めることをオススメします!

 

言葉が足りなくなってくる時期!挨拶や「好き」は言葉で

 

3ヶ月目は言葉での愛情表現が減ってくる時期でもあります。

一緒にいることが当たり前になり、お互いに「言わなくてもわかってるよね」と口に出さないのです。

 

そんな関係は安心している証拠でもありますが、寂しくもありますね。

どれだけ親しくても、「言わないと分からない」「言わないと伝わらない」ことってあるものです。

 

もちろん、言葉以外の愛情表現はできますが、言葉での愛情表現も2人の関係を崩さないためには必要なことです。

「好きだよ」など言葉での愛情表現は、あなたからもするように意識してみてくださいね!

 

これをやると別れに繋がる!3ヶ月目にやらない方がいいことは?

付き合って3ヶ月の男性心理とは?倦怠期を乗り越え長続きさせるコツ

 

最後は、3ヶ月目にやらない方がいいことをご紹介していきます。

別れに繋がってしまう、3ヶ月目にやらない方がいいことがこちらです。

  • 付き合い立ての頃のラブラブをキープしようとするのはダメ!
  • 「結婚したい!」と焦って彼に迫るのもNG

 

これをやってしまうと別れに繋がる可能性があります。

なので、本気で3ヶ月目の倦怠期を乗り越えたいと思っているのなら、絶対にやらないように!

 

たった一つの行動が原因で別れたくなんかないですよね。

難しく考え過ぎても空回りしてしまうだけなので、「私と彼なら乗り越えられる!」とポジティブに考えていきましょう。

 

付き合い立ての頃のラブラブをキープしようとするのはダメ!

 

女性はどちらかと言うと、付き合い立ての頃のラブラブをキープしようとしがちです。

でも、時間の経過とともに2人の関係が変わっていくのは、当然のことですよね。

 

なので変化を悪いものと捉えず、柔軟に対応していきましょう。

恋愛において2人の関係が変化するのは、彼との関係が深まったからであり、前に進んだ証拠です。

 

ラブラブが減ったとしても、その代わりに居心地の良さや安心感などが手に入るので、落ち込む必要も全くありません。

変化を楽しむことをぜひ心掛けてみてください!

 

「結婚したい!」と焦って彼に迫るのもNG

 

彼がマンネリ化を感じているのに気づいてしまうと、「やばい!彼に振られるかも!」「今すぐなんとかしなきゃ!」と焦ってしまいますよね。

でも、焦って結婚を迫るのは絶対にダメ。

 

男性には男性なりのタイミングがあるので、無理に結婚を迫ってくる彼女には良いイメージを抱かないから。

それに心に余裕のない女性は、男性的には魅力を感じません。

 

彼の心を掴んでおくには、日々自分磨きを怠らないこと、自分の生活は自分で充実させることの2つを意識してみると良いでしょう。

 

まとめ

付き合って3ヶ月の男性心理とは?倦怠期を乗り越え長続きさせるコツ

 

3ヶ月目の倦怠期を乗り越えられないカップルがたくさんいるのは事実ですが、乗り越えて幸せになっているカップルだってたくさんいます。

なので、倦怠期を迎えても焦らなくて大丈夫!

 

お互いに自分の時間を大切にすることを心掛け、会った時は自分から積極的に愛情表現をして彼を癒してあげましょう。

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.