彼氏のお悩み

冷めてるのに別れない彼氏の心理とは?冷めた気持ちを復活させる方法

冷めてるのに別れない彼氏の心理とは?冷めた気持ちを復活させる方法

 

「冷めてるのに別れないのはなんで?彼の冷めた気持ちを復活できるかな」

 

冷めたような態度をとりながらも別れようとは言わない彼といると、どういうつもり?とモヤモヤしますよね。

いっそのことはっきり別れを告げてくれた方が、なんだか楽な気もします。

 

今回は、冷めてるのに別れない彼氏の心理とは?冷めた気持ちを復活させる方法をご紹介していきます。

 

別れたそうなのに別れない理由とは?

明らかに冷めてるのに別れない彼氏の気持ちを取り戻す方法もお話ししていきます。

 

また、別れない彼氏にやってはいけない行動もお話ししていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

冷めてるのに別れない彼氏の心理!別れたそうなのに別れない理由は?

冷めてるのに別れない彼氏の心理とは?冷めた気持ちを復活させる方法

 

冷めてるのに別れない彼氏の心理とは、このようなことが考えられます。

  • 「彼女がいる」ということにステータスを感じている
  • 1人になってしまうのが怖くて別れに踏み出せない
  • 恋愛感情はないが友人として好きだと感じている
  • 別れ話で揉めるのが面倒で関係を続けている

 

相手への好きという気持ちがなくても、別れるまでにいたらない男性心理があるのです。

 

とはいえ、「冷めきっているのに別れを切り出さないのはどうして?」と彼の本心を確かめたいものです。

でも、自分から聞き出すのは勇気が必要ですよね。

 

ここでは、冷めてるのに別れない彼氏の心理をそれぞれ詳しくご紹介していきます!

 

「彼女がいる」ということにステータスを感じている

 

プライドの高い男性は、彼女への気持ちが冷めていても関係を続けることがあります。

なぜなら「彼女がいる」という状況に男としてのステータスを感じているからです。

 

「周りはみんな彼女がいるのに、自分だけ彼女がいないのは格好悪いし恥ずかしい」という気持ちがあるのでしょう。

大袈裟にいうと、恋人を自分の株を上げるアクセサリーのように思っている可能性もあります。

 

この場合、他にいい感じの女性が現れたらすぐにあなたとは別れ、その女性と付き合い始めるかもしれません。

 

1人になってしまうのが怖くて別れに踏み出せない

冷めてるのに別れない彼氏の心理とは?冷めた気持ちを復活させる方法

 

彼女への気持ちが冷めているのに別れを切り出せないのは、ひとりになるのが怖いからかもしれません。

あなたと別れることで1人ぼっちになり、孤独を感じることを恐れているからでしょう。

 

これまで当たり前のように連絡を取り合ったり、頻繁に会っていた彼女がいなくなることは寂しいものです。

そんな自分になりたくないし、そうなった自分を想像すると別れを決められないのかもしれません。

 

付き合っている期間が長いと、そのような理由で別れを躊躇してしまうケースが多いようです。

 

恋愛感情はないが友人として好きだと感じている

 

冷めた彼氏の行動の中には、わかりにくいものもあります。

たとえば、彼氏と会えるし何でも話せるけど、手を繋いだりキスなどのスキンシップは一切してこない、という場合など。

 

むしろそれを拒否されるのなら、恋愛感情としては冷められている可能性があります。

その場合、恋愛感情はもうないけれど、友人としては好きで大切に思っているのでしょう。

 

あなたのことが嫌いになったわけじゃなく、むしろ人として好きだからこそ、別れを躊躇しているのです。

このまま付き合い続けるか別れるか、なかなか選択できない状況に彼も苦しんでいるのかもしれません。

 

別れ話で揉めるのが面倒で関係を続けている

 

もしあなたが、喧嘩した時に感情的になって泣きわめいたり、気持ちを押し付けようとするタイプなら、それが原因かもしれません。

彼はあなたが感情的になって揉めることが嫌で、別れ話を切り出せない可能性もあります。

 

泣かれたり、必死で引き止められることを面倒に思い、ずるずると恋人関係を続けているのです。

 

この場合、彼も自分の気持ちを誤魔化すことが辛くなってくるはず。

そうなると、何も告げずに自然消滅であなたの前から去っていく可能性もあるでしょう。

 

明らかに冷めてるのに別れない彼氏の気持ちを取り戻す!その方法は?

冷めてるのに別れない彼氏の心理とは?冷めた気持ちを復活させる方法

 

冷めてるのに別れない彼氏の気持ちを取り戻す方法は、こちらをおすすめします。

  • 彼氏を大切に思っている自分の気持ちを素直に伝える
  • 彼氏の気持ちを真剣に聞き、受け止める
  • 自分の楽しみを見つけ、彼氏に依存しない姿勢を見せる
  • 思い出の場所でデートして昔の気持ちを思い出す

 

彼の気持ちが冷めていると分かっていても、あなたが彼を大好きなら「もう一度振り向いて欲しい」と望むのは当然のことです。

 

冷めてるのに別れない彼氏を振り向かせて、やり直すにはどのような方法をとるべきなのでしょうか?

ここでは、効果的な4つの方法を紹介していきます!

 

彼氏を大切に思っている自分の気持ちを素直に伝える

 

冷めきった彼氏の気持ちをもう一度再燃させるためには、積極的なアプローチが必要です。

「誰より大切に思っている…」そんなあなたの気持ちを、彼に素直に伝えてみましょう。

 

LINEや電話では軽すぎるので、会って伝えるか手紙を渡すのも効果的ですよ。

この時、「ずっと一緒にいたい」「離れたくない」などの重めのワードを使うのは避けましょう。

 

心から好きという気持ちと、「いつもありがとう」と感謝の気持ちを込めることが大切です。

「こんなに思ってくれるのは彼女しかいない」と感動させることで、再び彼の心を掴むことができますよ。

 

彼氏の気持ちを真剣に聞き、受け止める

冷めてるのに別れない彼氏の心理とは?冷めた気持ちを復活させる方法

 

彼氏の気持ちが完全に冷めていて、あなたもそれに気づいているとしたら、この関係が続いてもモヤモヤするだけですよね。

そんな状況を放置していたら、お互いにとって何も良いことはありません。

 

勇気をだして彼と一度しっかりと向き合い、話し合ってみましょう。

現実から目を背けず、彼の気持ちを真剣に聞きしっかりと受け止めてあげることが大切です。

 

もちろんあなたの「別れたくない」という気持ちも、彼にはっきりと伝えましょう。

彼も今の状況に気づいているのなら、本当はあなたと話したいのかもしれません。

 

男性は感情的な女性と話すことは苦手ですが、冷静に話し合いができると安心して自分の気持ちを語ってくれることがあります。

自分の気持ちを聞いて受け止めてくれるあなたに対して、見方が変わるかもしれません。

 

また、お互いに大事なことを話し合える関係になることで、2人の関係は改善する可能性もありますよ。

やっぱり話さないとわからないですからね。

 

自分の楽しみを見つけ、彼氏に依存しない姿勢を見せる

 

男性は追われれば逃げたくなり、背を向けられると追いかけたくなります。

なので、彼をもう一度振り向かせるために、彼に依存しない姿勢を見せましょう。

 

趣味や仕事など、自分が楽しめることや夢中になれることを見つけ、意識的に自分の時間を充実させることをおすすめします。

何かに一生懸命に取り組む姿を見せることで、彼を惚れ直させることができますよ。

 

また、そうやって恋愛以外のことを考える時間が増えれば、自然と彼に対する執着心も消えていきます。

その方があなたの気持ちもかなり楽になりますよ。

 

思い出の場所でデートして昔の気持ちを思い出す

 

彼の気持ちは今はすっかり冷めていたとしても、あなたに夢中だった頃もあったはずです。

彼にその頃の気持ちを思い出させましょう。

 

そのために、2人の懐かしい思い出の場所でデートしたり、楽しい思い出の場所に行ったりすることも効果的です。

 

2人が付き合う前にデートした場所や、2人で何度も行ったお店など。

思い入れが深い場所を巡るうち、これまで築いてきた2人の絆を愛おしく感じることもありますよ。

 

思い出の場所だけでなく、一緒に2人の思い出の曲を聴いたり写真を見返すことでも、彼に昔の気持ちを思い出させることができます。

 

冷めてるのに別れない彼氏にやってはいけない行動は?責めてはダメ!

冷めてるのに別れない彼氏の心理とは?冷めた気持ちを復活させる方法

 

冷めてるのに別れない彼氏にやってはいけない行動があります!それがこちら。

  • 彼氏の言動を否定し責めるのはNG
  • 彼氏の心を取り戻そうと依存したり泣くのもダメ!
  • 浮気して見せつけるなど人間的にアウトなことはしない

 

「彼を繋ぎとめておきたい」とその気持ちが先走りすぎると、感情的になってしまいがちです。

感情に任せて彼を責めたり依存してしまうと、間違いなく別れに繋がるのでやめておきましょう。

 

では、冷めてるのに別れない彼氏にやってはいけないNG行動を、具体的にお話ししていきます。

 

彼氏の言動を否定し責めるのはNG

 

「嫌いならどうして別れを切り出さないの?」「振ってくれた方が楽だよ」とモヤモヤしますよね。

冷めているのに別れを切り出さない彼に対して、そのような不満を抱くのは当然のことです。

 

でもだからと言って、彼氏の言葉や行動を否定したり、責めないようにしましょう。

彼もあなたとの関係をこのまま続けるか、別れるべきか悩んでいるのかもしれません。

 

そんな中あなたに否定的な言葉を投げかけられたら、彼は反発してあなたとの別れを決めてしまうかもしれません。

大喧嘩になったら、別れたあとの復縁も難しくなる可能性もあります。

 

そうなると、彼の中であなたに対して「めんどくさい元カノ」という印象が永遠に残ってしまいます。

彼に自分の気持ちを伝えたいときは、感情的に責めるのではなく冷静な状態で話すようにしましょう。

 

彼氏の心を取り戻そうと依存したり泣くのもダメ!

冷めてるのに別れない彼氏の心理とは?冷めた気持ちを復活させる方法

 

大好きな彼の気持ちが自分から遠ざかっていくのは、とても辛いことですよね。

だからといって、彼にすがりつくような行動をしてしまうのもダメです。

 

彼氏の心を取り戻すために過度に依存したり、泣いて気持ちを繋ぎとめようとするのは、完全に逆効果となってしまいます。

なぜなら、それは彼にとって大きな心の負担になるからです。

 

好きな気持ちが冷めきってる上に、重荷でしかない…こんな状態では、彼の気持ちはどんどん「別れ」に傾いていくでしょう。

 

彼の負担にならないためにもやはり自分で自分の時間を充実させて、恋愛に依存しないようにしましょう。

 

浮気して嫉妬させるなど彼を試すようなことはしない

 

冷めきった彼の心を取り戻すために、「彼を嫉妬させる」ということを思いつく人もいるかもしれません。

もちろん彼に嫉妬させることができれば、彼の気持ちを取り戻せるかもしれません。

 

でも、彼の気持ちが冷めている状態でそれをしようとすると、逆効果となります。

 

男性はプライドが高いため、試されるようなことを嫌がります。

それをする女性にも不信感を持ちやすいのです。

 

今の関係であなたが彼を試すようなことをしたら、もしかしたら彼は一気に別れる決意を決めるかもしれません。

 

関係が冷めているときほど、相手に対して思いやりを持って誠実になりましょう。

小手先ではなく本当の気持ちでぶつかることが大切なのです。

 

まとめ

冷めてるのに別れない彼氏の心理とは?冷めた気持ちを復活させる方法

 

彼氏の気持ちが冷めていると分かった時、「フラれるのをただただ待つしかない」と落胆してしまいますよね。

でも、異性としての好意はなくても、あなたのことを「人として大好き」と思っている可能性もあります。

 

彼にもう一度振り向いてもらうために、あなたの愛情をしっかりと表現し、真摯に彼と向き合いましょう。

ただ、彼を繋ぎとめておきたい一心で、必死になりすぎるのは逆効果です。

 

依存せず自立した姿勢を見せることで、彼を「もう一度向き合ってみよう」という気持ちにさせられるかもしれません。

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.